読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山pの楽しいお勉強生活

勉強の成果を垂れ流していきます

社内チームハッカソンでフィボナッチ数を算出してみた。(33言語)

ハッカソン フィボナッチ

概要

親会社のエンジニアを中心に、グループ会社のエンジニアを集めてチームハッカソンが開催されたので、参加してきました。
うちの会社はちょっと忙しい時期だったので私を含めて2名のみの参加ですが、全部で20人以上の方が参加されており、結果的にも盛り上がったと思います。
それぞれ業務が違うので、使用技術、知識が多様化しており、結果発表もかなり面白い結果になってました。

結果

期間

10月10日(金)〜10月24日(金)

コンセプト

  • 普段一緒に仕事をしない人と交流する
  • 馴染みのない技術に触れて刺激を受ける
  • 普段の業務ではやれないことをやる

私の作業

感想とか

  • GitHubでの開発を経験出来た。
    • 少しは触ったことがある程度だったが、実際に使用することにより怖さ軽減。
    • 発表の次の日からGitLab移行作業を再スタート。
  • 触りたいと昔から思っていた日本語言語に触れた。
    • 興味があって調べてはいたけど触らなかった日本語言語に感動。
    • 意外と使いやすかったが、実務で使用するのは難しそう。
    • が、経験者によると事務の方とかにソース毎渡すと、ある程度は自分でメンテしてくれるらしい。
  • WindowsLinux共に環境構築の知識がちょっと蓄積された。
  • パッケージ管理ツール最強を理解。
  • Chocoratey最強。(Windowsのパッケージ管理ツール
  • コマンド一発で入る事がこれだけ楽だとは。
  • 発表資料が見れるものを作れた。
    • reveal.js最強。
      • マークダウンで書けるから楽。
      • 3Dでクルクル回って見栄え良し。
    • chart.jsを使用してそれなりに見れるグラフを作れた。
      • 簡単にそれなりに見れる形にできる。
      • 結構細かい所まで簡単にイジれた。
  • 割りと全てを理解していたからか、発表も自分なりによく出来た。(ほぼ覚えてないけど。)
  • 超楽しかった。
  • 次あるなら必ず参加する。